車前部その2 〜 メーター、カーナビ付近。浮気の証拠を徹底的につかむために

3.車前部その2
  〜メーター、カーナビ付近

1.カーナビの走行履歴
カーナビには、以前に使った走行ルートや、入力した目的地が残っているものがあります。ターゲットが本来行かないような場所に行っていたり、あまり使わないルートを通っていたりしていないかをチェックします。例えば「静岡に出張に行くと」と言っていた翌日の走行履歴が東京都内ばかりだったとすれば、これは明らかにおかしいことになります。

2.ETCカード履歴チェック
高速道路を使う際に、料金所で止まらず、そのまま走り抜けられるようにする、ETCというシステムがあります。このETCを利用するには、料金所を通過する際に、記録のため通信を行なうETC車載器と、料金を支払うための専用クレジットカードが必要です。専用クレジットカードでは、ETC利用証明書と走行明細が発行できるため、ターゲットがETCを利用している場合は、どの料金所を通過したかで、車両での大体の行き先が推測できるのです。

走行明細の発行は特定の場所か、インターネットでも可能なので、下記のホームページより行なってみて下さい。

3.走行距離メーターチェック
意外と気づかないチェックポイント、走行距離メーター。基本的に走行距離メーターは任意でいじることができなくなっていますので、定期的にチェックをしていると、車で走った距離が分かるのです。平日に通勤以上の距離を走っていたり、休日に不自然なほど長い距離を走っていたりと、ターゲットが不審な動きをしているのをチェックできるのです。
チェック間隔はあまり空いてしまうと意味がありませんので、こまめに行なったほうが良いでしょう。

注意事項

車両の共通注意点  こちらに必ず目を通して下さい。

車両チェック項目

車両での見破り方